キャッシング即日融資・最速の方法はこれ

time

即日融資のキャッシングで最も確実で速いのは、大手の消費者金融業者に申し込んで借入する方法です。

ATMが近くにあるか、タイムリミットに間に合うかなどを考慮したうえで自分に向いた業者に申し込みましょう。

即日融資でキャッシング可能なのは消費者金融業者

銀行は即日融資を自粛

銀行では2018年1月から、即日融資のキャッシングを自粛しています。これには、銀行のカードローンが過剰融資になっているのではないかという批判も多かったという事情もあります。

金融庁は金融行政についての課題をまとめたレポートで、銀行のカードローンの審査体制が不十分であると指摘しています。

銀行は消費者金融業者並みにスピード審査で融資するカードローンを提供していましたが、総量規制の対象とならないことから、貸し過ぎであると批判されています。そのため、審査を厳格化する方針です。

また、反社会的勢力との取引を徹底的に排除することためにも、申込者の情報を警察庁のデータベースと照合するという仕組みを導入することになっています。

借りすぎの人が新規に申し込みできないように家族から申し出ることのできる「貸付自粛制度」も導入される計画です。

このため、即日融資のキャッシングは事実上、消費者金融業者の提供するローンが主流となりました。

スピード重視なら消費者金融へ

お金を借りる申し込みから審査までスピーディに実施されて即日借りたいなら、銀行ではなく消費者金融業者に申し込みましょう。

調査によって、各銀行の申し込みから融資までの時間は最短で以下の通りであることが明らかになっています。

融資実行までの時間

三菱UFJ銀行 最短2日
三井住友銀行 最短2日
みずほ銀行 最短2営業日
りそな銀行 2週間
楽天銀行 最短2日
オリックス銀行 最短5日
住信SBIネット銀行 最短10日

時間的余裕がないときに、銀行の審査は待っていられません。逆に消費者金融業者では、即日融資が基本です。最も早く融資されるのは、銀行では2日となります。

融資実行までの時間

  • プロミス→1時間以内
  • アコム→電話で15分から30分、インターネットで30分
  • アイフル→電話で20分程度、インターネットで30分
  • SMBCモビット→1時間から2時間

大手ではほとんど即日で融資が受けられると考えていいでしょう。

申し込みが多いときに待たされることはありますが、仮審査のときの電話連絡で急いでいることを告げれば優先的に審査してくれます。

最短で融資を受ける方法

キャッシングで確実に即日融資を受ける方法は、スマートフォンやPCなどWebから申し込みをして、無人契約機でカードを受け取ることです。

所有している銀行口座への振込融資では平日の午後2時まで、自動契約機やコンビニのATMから借入するなら、おおよそ午後8時までに申し込みしましょう。

大手だけでなく、中小の業者でも公式ホームページを開設していて、申し込みページがあります。そこに必要事項を入力して送信すると、仮審査が行われます。このタイミングで業者から直接電話で連絡が来ますので、そこで急いでいることを告げましょう。

本人確認書類などの提出もスマホやPCでできますが、早いのは無人契約機まで行って、そこで提出する方法です。本人確認書類を提出すると本審査に移ります。

審査結果をメールや電話で受け取って、通過したら契約機でカードを発行してATMで引き出しするというのが、最も早い方法です。

無人契約機の営業時間一覧

即日融資で注意したいのは、タイムリミットがあるということです。web申し込みそのものは、24時間365日可能ですが、審査は業者内の社員が行います。

会社としての営業時間があり、それを過ぎると翌日に持ち越しになります。

各業者の審査可能時間 自動契約機の営業時間

消費者金融 審査可能時間 営業時間
アコム 午前9時~午後9時 午前8時~午後10時
プロミス 午前9時~午後9時 午前9時~午後10時
アイフル 午前9時~午後9時 午前8時~午後10時
SMBCモビット 午前9時~午後9時 午前8時~午後9時
レイクALSA 午前9時~午後9時 午前8時~午後10時

多くの業者が「最短30分」をうたい文句にしていますが、実際には申し込みから仮審査、本審査からの可決、カード発行までに1時間くらいはかかります。

遅くとも午後8時にはwebから申し込みしましょう。

即日融資のキャッシングで銀行振込するときは?

point01

即日融資のキャッシングでは、web申し込みから無人契約機でのカード発行が確実で早いです。

しかし、行く時間がないという場合や近くに無人契約機がない場合などには、銀行振込キャッシングが便利です。

銀行振込の手順

銀行振込融資でも、多くの業者が即日融資に対応しています。webの申し込みフォームに必要事項を入力して送信して、仮審査申込の確認電話を受けたら急いでいることを告げます

そうしないと混雑している時間帯では後回しになって翌日に持ち越しという可能性もあります。

仮審査の結果はメールで届きます。そこに記載されたURLにアクセスして、本人確認書類などの必要書類をアップロードして提出します。ここから本審査に移ります。時間帯にもよりますが、1時間程度かかるのが通常です。

本審査の結果もメールで届きます。そのメールに記載されたURLにアクセスすると本契約の手続きができます。契約が済んだら会員ページにログインして振込融資の依頼をして、後は指定した口座に振り込まれるのを待つだけになります。

タイムリミットに注意

nayamu

銀行振込では、各業者でタイムリミットが早めになります。

無人契約機を利用できるとき、午後8時くらいまでに申込手続きを始めていれば即日融資が可能ですが、銀行を利用するには午後2時くらいまでに振込の依頼まで済ませておかないとその日のうちに融資額を手にできません。

各業者のタイムリミットは以下の通りです。

アコム 平日午後2時30分まで(楽天銀行は24時間・ゆうちょ銀行は午後2時)
プロミス 平日午後2時50分まで(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合には24時間)
アイフル 平日午後2時10分まで
SMBCモビット 平日午後2時50分まで
レイクALSA 平日午後2時までにレイクALSA側が確認できること

振込依頼は、本審査に通過して会員ログインして指定の口座に指定額を振り込んでくれるよう依頼をすることですので、申し込みそのものは1時間以上前に始めている必要があります。

また、銀行は土日祝日では営業しませんので、基本的に平日でないと即日融資は困難です

使う銀行によって違いがある

消費者金融業者はノンバンク系と呼ばれ、通常は銀行のカードローンとは区別されます。銀行のカードローンでは基本的にその銀行の口座が必須で、口座開設しない限り融資が困難というケースがほとんどです。

ノンバンク系は逆にどの銀行口座でも振込融資が可能です。その代わり、銀行の営業時間との関係もあり、早めの申し込みが必要となります。

おおよそ午後2時が即日融資のタイムリミットですが、いくつか例外的に業者と銀行が提携関係になどにあるため、融通の効くケースもあります。

  • アコム→楽天銀行の口座には24時間振込可能
  • プロミス→三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座には24時間振込可能
  • ノーローン→楽天銀行の口座には午後5時までの依頼で即日融資

確実に即日融資でキャッシングするための4つの注意事項

即日融資は申し込み自体はそれほど難しいものではなく、しっかりと事前に準備していれば、すんなりと手続きが進みます。

過去に金融事故を起こしたことがなく、収入に見合った希望額を申し込めば問題はあまり発生しません。とはいえ、いくつか注意したいことがあります。

審査が混雑する時間帯・曜日を避ける

混み合っている時間帯に申し込みをすると、審査が遅くなります。

大手は自動式の審査ですが、それでも人の手が入るので時間によっては遅くなることがあり、注意が必要です。

混雑しやすい時間帯・曜日

  • アコム→土日祝日全般
  • プロミス→土日祝日、平日の午後5時以降
  • アイフル→土日祝日(時間帯によってはすいている)
  • SMBCモビット→特に混雑する曜日や時間帯はない
  • ノーローン→月曜日の午前

おおよそ、土日祝日や月曜日、平日の夕方には申込者が増えると考えていいでしょう。

月曜以外の平日の午前中が狙い目です。

必要書類を準備

どの業者に申し込みしても、必ず本人確認書類の提示を求められます。

希望限度額によっては収入証明書も必要となりますので、事前に用意しておきましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

健康保険証だけの場合には、これ以外にもう1点の書類の提出を求めれることがあります。

発行から6ヶ月以内の住民票か公共料金の領収書、納税証明書です。社員証で代用できることもあります。

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書(個人事業主の場合)
  • 給与明細書(2ヶ月から3ヶ月)
  • 納税通知書

収入証明書は1社で50万円以上の借入をするとき、または他社の利用限度額と合算して100万円以上の限度額を申し込むときです。

在籍確認は必ずある

カードローンの申し込みでは原則として在籍確認が実施されます。これは、業者が申込者の勤務実態が本当にあるかどうかを確認するもので、通常は勤務先への電話連絡です。

会社名を名乗ることはなく、通常は担当者の個人名でプライベートな用事を装って連絡します。本人が電話に出なくても、同僚が「今外出しております」「本日はお休みをいただいております」などと返答すれば確認できたと判断されます。

在籍確認が完了しないと契約できないことがほとんどですので、申し込み当日に借入したときには、勤務先が営業している時間帯に申し込みをしましょう。

どうしても職場への電話連絡をしてほしくないときには、業者によっては書類の提示で済ませてくれることがあります。申し出るのは、仮審査通過の電話連絡のときが良いでしょう。業者が本人に連絡するのが、この1回だけというケースも多いからです。

正しい個人情報を正確に記入する

Check

即日融資でポイントになることとして、申込時の個人情報の記入・入力でミスをしないということが挙げられます。

大手の消費者金融業者から審査の基準が情報として漏れてくることはほとんどありませんが、ある業者の審査担当者だったという人がインタビューに応じたことがあり、そのときに「審査落ちする人の多くは、情報の記入ミスだ」と語っています。

自分の住所や電話番号、会社の連絡先なども重要ですが、他社から借入があるときにはしっかり確認しましょう。年収を多く偽るのも厳禁です。

間違った情報を記入すると、審査に時間がかかってしまい、最悪で審査に否決されます。あいまいな記憶に頼るのではなく、良く確認してメモ書きしておき、それを元に正確に入力するようにしましょう。

まとめ

即日融資のキャッシングは消費者金融業者で可能です。銀行は金利は低いですが、即日融資には対応していません

即日融資を受けるには、タイムリミットに注意して個人情報の入力をミスしないように気をつけましょう。